認知症利用者の暴力がひどい

認知症利用者の暴力がひどい

 

 

私の働いている特養老人ホームはとにかく認知症の人がたくさんいて毎日本当に大変。それなのに人件費削減かなにか知らないけどスタッフは少ないし、夜中にウロウロする利用者もいるし、歌っている人もいるし、何度もコールならしてトイレ要求する人もいるのに夜勤者は一人っていう環境だから更にびっくり。
最近ではパット交換の度に腕をつねられて、叩かれて大声で叫んだりして本当に最悪。おかげて私の腕はアザと傷だらけ。上司に相談しても、声かけがどうとかって言って取り合ってもくれない。声かけしても認知症だからどうぞって笑ってすぐ抵抗するんだよ。それも誰彼構わずに。
ケアワーカーはおとなしく暴力に堪えなくてはならない環境が本当に最近耐えられなくなって辞めたいって毎日思ってる。利用者に唾を吐かれても、暴言やセクハラ、暴力されても耐え続けなきゃいけないケアワーカーはもう人格無視されているとしか思えないんだけど。もっと上司が取り合ってくれたらこんなに辞めたいと思わないんだけどな。

 

 

売れなさ過ぎて話にならない

売れなさ過ぎて話にならない

 

 

私が行なっている仕事はとある会員権を飛込み営業で回る仕事でした。入社当初はたくさんの話を沢山の方と出来る点、回っている間に芸能人と出会えるかもしれないなどの淡い夢を抱いていましたが、現実は残酷でした。チームで区域を決めてそこの個人法人を問わず軒並み回る仕事でした。住宅街であれば殆どが留守で、わかりやすいくらいの居留守をする方もいます。そんな中永遠とカニ歩きしながら一件一件しらみ潰しをしていくので時間と労力の無駄でした。ようやく話す機会ができたとしても大半が暇を持て余した老人位で身の上話を永遠とされた挙句こちらの話には聞く耳を持ってくれません。金額も数千数万の話ではなく百万円からなので売れるわけがありません。面接の際には定時で上がれて、ノルマもないと言う話でしたが、真っ赤の嘘で、毎日遅くまで仕事をし、売れなければ徹底的に叩かれると言う社風に辟易したので、ストレスも溜まる一方です。そのためいち早く転職をしたいと考えました。

 

 

こちらのページもよく読まれています。

内職は急ぎの時は死ぬほどハードですよ。
入ったばかりの新人なのに新人扱いされないこと
聞いてない、という事が多かった
本当に会わない同僚がいること